ダース レイダー 病気。 マラドーナの“神の手”ゴールには陰謀論が入り込めない|礼はいらないよ|ダースレイダー

🤑 ベスト盤。

11

🤗 そういった状況になった時に、どのように受け入れるか。

📲 な んだか非常にリアリティーを持つ数字に思えてきた。 でも、 ラップしなければいけない。

9

☯ もちろん、そうならないように治療しま すがゴニョゴニョ. 医者からは『手術に失敗すれば、このまま両目の視力を失います』と言われていたので、そうなったときの予行練習というか、シミュレーションも兼ねて、何も見えない状態でライブをしたんです、手術前夜に。 それは僕に限ったことではないですよね」 不慮の事故も耐えないこの時代、確かにそれは事実だ。

🖐 当時のテレビのプレイバックではよく分からなかった。 ポップスとして普遍性を持つ作品には、誰もが自分に向けて語りかけられていると感じられる要素があるのかもしれません。 ほかにも、学者やジャーナリストといった肩書きの人が並ぶ中、ヒップホップミュージシャンは、ちょっと際立っているかもしれません。

12

🤘 病気の人も生きづらくなく、「病気も個性ってことでいいじゃん」みたいなところまで持っていければいいかなって思っています。 マイナスの状況をプラスに変える逆転の発想こそがヒップホップの原点だが、ダースレイダーは闘病というチャプターにおいてもこのヒップホップの真髄を地でいった。

4

🖐 この感想を裏付けるような記述を引用することは難しいが、表紙の眼帯イラストは、妙に納得感をもたらすのである。

12